江東区の相続・遺言のことなら、江東相続センターにお任せください。司法書士による初回無料相談は平日はもちろん土日祝日も対応中

江東相続センター

住所 : 〒136-0071
東京都江東区亀戸5丁目町6ー21
UIW9BLDG 3F


JR総武線各駅停車 亀戸駅徒歩1

営業時間
朝9時〜夜18時
休業日
なし(毎日受付

 

●受付業務 :  遺産分割協議書作成、

相続放棄、相続登記、遺言書作成、

その他相続業務

ご予約・お問い合わせはこちらのフリーダイヤル

0120-546-732

※日曜・祝日は050-7108-6595へお掛け下さい
こちらは日曜・祝日専用の電話番号です。平日・
土曜は上記フリーダイヤルへお掛け下さい。

土日祝日問わず毎日受付

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度とは?

贈与税は従来暦年課税のみでしたが生前贈与の促進のため相続時精算課税制度が設けられました。

 

相続時精算課税制度は贈与者(譲り渡す人)が受贈者(もらう人)に生前贈与した場合、2500万円の特別控除を受けることができ、それを超過した分は一律20%と通常の暦年課税より割合が安いのが特徴です。

 

贈与する財産の金額や種類、回数には一切制限がありません。暦年課税では110万円が贈与税の非課税枠でしたが、この特例制度を使うことで20年以上分に相当する2500万円まで拡大するのです。

相続時精算課税制度の対象者

一般に年齢・関係に
制限があります

相続時精算課税制度は誰でも使える制度ではありません。原則として60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子や孫に財産を移す際に使うことができます。

20歳、60歳の基準となるのは贈与をする年の1月1日時点での年齢となります。

相続税等との関係

贈与でも相続税に大きく関与します

暦年課税の場合、一旦贈与してしまえば相続時には関係ありません。しかし相続時精算課税制度を利用した場合、贈与者が死亡して相続が発生すると相続財産と生前贈与を合わせた額に相続税が課税されます。贈与税として支払った金額を差し引くことは可能です。

 

このように相続時精算課税制度は相続時に税金の計算を行うため税金を支払うタイミングを後にずらしただけに過ぎません。2500万円分が丸々非課税になるわけでないことに注意する必要があります。

 

数年後に土地が値上がりすることがほぼ確実にわかっている場合などは、先に贈与することによって支払う税金を下げることも可能です。うまくこの制度を使うことにより節税できる可能性もあります。

不動産贈与の場合は注意も

不動産を贈与する場合は、贈与税とは別に不動産取得税と登録免許税がかかります。登録免許税は相続の場合は不動産の価格の1000分の4、贈与の場合は不動産の価格の1000分の20と決まっております。

 

このように同じ不動産でも相続と贈与で税率が変わります。登録免許税においては贈与より相続の方が税率が有利ということは頭に入れておいて下さい。

相続放棄との関係

意図的でなければ相続放棄もOK

相続時精算課税制度を利用した時には十分な財産があったが、その後事業の失敗により多額の借金を作ってしまった際、制度を使って生前贈与された財産はどのようになるのでしょうか?

 

この場合受贈者は相続放棄をすることができます。相続放棄をしたとしても生前に受け取っている財産はすでに受贈者のものになっているため財産を没収されたり債務の返還に当てられることはありません。

 

民法上は相続放棄をした時点で相続人では無くなりますが、相続税上は贈与によって取得した財産は全て遺贈とみなされるため相続時精算課税制度によって発生する相続税を支払う義務は生じます。

 

ただし生前贈与を行うタイミングで贈与者に多額の借金など債務があることを知っていてこの制度を悪用した場合にはその贈与自体を詐害行為取消権によって取り消される可能性もあります。

相続時精算課税制度の手続き

相続時精算課税制度の利用方法

相続時精算課税制度を利用する方法を簡単に述べます。

 

まず通常通り現金や不動産など価値のある財産を贈与します。(贈与契約書の作成は必ずしておきましょう。)相続時精算課税制度を利用する場合、贈与を行なった翌年の2月1日から3月15日までの間に税務署で申告を行う必要があります。

 

この制度を選択する場合、以下の書類が必要となります。

  • 贈与税の申告書
  • 相続時精算課税選択届出書
  • 戸籍謄本(親子関係等の証明が必要)

 

遺言・相続の相談は江東相続センターへ

江東相続センターは、江東区・江戸川区の相続手続きに特化した専門の相談所となっておりますので、相続・遺言に関するあらゆるお手続きについてご相談が可能です。

 

相続のエキスパートである司法書士・行政書士・税理士が、相続・遺言についてのお悩みをワンストップ解決いたします。

 

もし相続についてご不安・ご心配・お悩みがあれば、ご相談は無料となっておりますので下記ご連絡先よりお気軽にお問合せください。

お電話は朝9時〜18時毎日受付(土日祝日も受付ております)

●よくあるご相談

  • 料金はいくらくらいかかりますか?
  • 相続についてよくわからない。何を相談していいかもわからない。
  • 面談の予約をしたいです。

 

平日はもちろん土日祝日も相談を受け付けておりますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

※日曜・祝日は050-7108-6595へお掛けください。050から始まる電話番号は日曜・祝日しかかかりません。平日・土日は0120-546-732へお掛け下さい。

お電話でのお問合せはこちら

0120-546-732

江東相続センター

料金について

相続や遺言の相談をしたいけど相場が全くわからない。など料金に関するご不安をお持ちの方が多いです。

江東相続センターの料金はこちらのページにまとめてありますのでご覧ください。

無料相談について

江東相続センターでは平日は忙しい会社員の方のために土日祝日も無料相談を受け付けております。

遺産分割協議書の作成や相続登記などのご相談がありましたら、相続専門の司法書士がじっくりとお話を伺います。まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

各種サービスについて

相続や遺言に関してもっと詳しく知りたい方は、PCの方は左サイドバーの相続メニューを、
スマートフォンの方は右上のメニューボタンよりご覧ください。

江東相続センターの情報

所在地

〒136-0071
東京都江東区亀戸5丁目
6−21 UIW9BLDG 3F

JR・東武亀戸駅から徒歩1分

電話番号
0120-546-732

※日曜・祝日は050-7108-6595へお掛けください。こちらの電話番号は日曜・祝日専用です。平日・土日は上記フリーダイヤルへお掛け下さい。

受付時間

毎日 9:00〜18:00
メールでのお問合せは24時間受け付けております。
 

営業日

平日はもちろん土曜日・日曜日・祝日も受付しております。詳しくはお電話ください。