相続した不動産の売却

民法896条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

このように、相続人は亡くなった方の財産をマイナスの財産も含めて基本的に全て承継します。

もちろん不動産も承継していくわけですが、普段から住んでいるような家などであればそのままその不動産を活用していくことができますが、不動産が遠方にある場合など相続人自らが住んだりすることがない、あるいはできない場合もあります。

このような場合には、相続した不動産を処分してしまいたいと思う人が意外と多いです。さて、その場合にどういった手順を踏めば売却することができるのでしょうか?

基本的な手順としては、まず遺産分割協議をして不動産を誰が承継するのかを決めていきます。相続した不動産を売却する際には遺産分割協議書が必要になるからです。そして、その後に不動産の名義も変更する必要があります。

売却前に不動産の名義をわざわざ変更する必要があるのか。と思う方もいらっしゃるかと思いますが、法律上この手続きを省略することができません。

この不動産の名義を遺産分割協議書どおりに変更することを相続登記といいます。これによって、被相続人名義の不動産を相続人名義へ変更していきます。

不動産を売却する前提として、不動産の名義を亡くなった方名義から相続人名義へ変更する相続登記が必要になるということが、不動産売却の上でのポイントです。名義を変更した後は、不動産の売却先を探していきます。

通常は、不動産の仲介業者へ依頼します。不動産は非常に高額な取引になっていきますので、依頼する仲介会社は慎重に選んでいきましょう。不動産会社によって売却額は様々です。また、売却額に応じて仲介業者への手数料も発生します。

買い手が見つかったら、いよいよ不動産を売却していきますが、売却の際にも所有権を移転する手続きとして、所有権移転「登記」が必要になります。

 

相続した不動産

放置しておくことのデメリット

普段活用していない、遠方の不動産などを相続すると管理が面倒です。その為、不動産を管理せずにそのまま放置してしまうといったケースはよくありがちです。

さらに不動産売却までには費用がかかります。そのうえ、遺産分割協議も相続登記も期限といったものがないのでどうしても相続した不動産を放置して後回しにしてしまいがちではありますが、だからといってそのままにしておくと非常にデメリットが多いのです。

まず当然ではありますが、固定資産税を払い続けなければなりません。また、その不動産を適切に管理していないと不動産の価値はどんどん下落していきます。かといって管理しようとすると今度はその分の費用が発生します。

さらに、不動産を放置していると他人に時効取得されて奪われてしまう可能性も出てきてしまうのです。

民法162条
二十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

このように不動産を放置しておくことによるデメリットは非常に多いので、不動産の売却だけでなく相続手続きは速やかに行うようにしていきましょう。

遺言・相続の相談は江東相続センターへ

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~18:00(月曜〜土曜)事前予約により夜間休日対応

☎️ 0120-546-732(月〜土 9:00〜18:00 )

江東相続センターでは、相続した不動産についての

  1. 遺産分割協議書作成
  2. 相続登記
  3. 不動産の売却(売買契約・所有権移転登記)

などの一連の相続お手続きを全てご相談いただけます。江東相続センターの司法書士・行政書士・税理士が一連のお手続きをワンストップ解決いたします。

通常、不動産の売却について仲介業者へ依頼すると、仲介手数料として売却価格の「3%+6万円」がかかってきてしまいます。不動産の売却価格は高額になりますので、仲介手数料も高くなってしまうことが多いのです。

しかし、江東相続センターにご相談頂き、江東相続センターの司法書士・行政書士・税理士へご依頼頂いた場合には、上記の仲介手数料は「0円」です。仲介手数料を頂くことはございませんので、売却費用をより低く抑える事が可能です。

また、江東相続センターでは買取業者や仲介業者と多数取引実績がございますので、大手業者によくあるような、売却価格を急かされて、思ったよりも売却価格が低くなってしまった。手数料が思ったより高くついてしまった。といったことはございませんので、ご安心ください。ご依頼者様のご納得頂ける取引を実現することができます。

もし不動産名義変更(相続登記)や不動産売却について、どこから調べていいか分からない・どうしていいか分からなくなってしまった・手続きをちゃんとすることができるか不安だ。という方は、1人で悩む前に江東相続センターへご相談ください。

江東相続センターは、江東区・江戸川区の相続手続きに特化した専門の相談所となっておりますので、相続・遺言に関するあらゆるお手続きについてご相談が可能です。

相続のエキスパートである司法書士・行政書士・税理士が、相続・遺言についてのお悩みをワンストップ解決いたします。

もし相続についてご不安・ご心配・お悩みがあれば、ご相談は無料となっておりますので下記ご連絡先よりお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

 

タイトルとURLをコピーしました