幕張・稲毛周辺での相続・遺言のことなら、幕張・稲毛相続センターにお任せください。司法書士による初回無料相談は平日はもちろん土日祝日も対応中

幕張・稲毛相続センター

住所 : 〒261-0023

千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデン内

JR京葉線 海浜幕張駅徒歩

営業時間
朝9時〜夜18時
休業日
なし(毎日受付

 

●受付業務 :  遺産分割協議書作成、

相続放棄、相続登記、遺言書作成、

その他相続業務

ご予約・お問い合わせはこちらのフリーダイヤル

0120-546-732

※日曜・祝日は050-7108-6595へお掛け下さい
こちらは日曜・祝日専用の電話番号です。平日・
土曜は上記フリーダイヤルへお掛け下さい。

土日祝日問わず毎日受付

自筆証書遺言作成

自筆証書遺言に関して以下のようなお悩みはございませんか?

✔️自分で遺言を書いたがあっているか不安だ…

✔️遺言の存在を他の人に知られたくない

幕張・稲毛相続センターではご自身でお書きになった自筆証書遺言のチェックや作成のサポートも行なっております。

自筆証書遺言 48,000円~
(税込52,800円〜)

 

遺言というと手書きの自筆証書遺言が思い浮かぶかもしれません。しかし「自筆証書遺言」以外にも「公正証書遺言」という遺言の方式もあります。

 

公正証書遺言は公的な役所である公証役場で書き保管されるため「改ざん紛失のリスクゼロ」で保管料も一切かかりません。自筆証書遺言より安全なためより確実に遺言が執行されます。もし確実に遺言を残したいのであれば公正証書遺言作成も合わせてご検討ください。

幕張・稲毛相続センターでは相続専門の司法書士が在籍しています。相続に強い司法書士が迅速かつ丁寧にサポートし的確なアドバイスをいたします。

 

幕張・稲毛相続センターでは随時遺言書作成に関する無料相談を行なっております。まずは無料相談で今の疑問やお悩みを率直にお伝えください。

 

自筆証書遺言

相続登記とは相続で引き継いだ不動産の名義変更を法務局で登記をすることです。

 

2021年3月現在では相続登記は相続発生後いつまでにしなくてはならないという法律はなく任意となっております。

 

しかしながら所有者不明の土地が増え、手続きができないなど大変面倒で厄介なことになりかねませんので今後義務化がされる可能性が高いです。(過料などの罰金をすることも検討しております。)

 

詳しくはこちらのリンクをご参考ください→法制審議会第183回会議配布資料

メリット・デメリット

自筆証書遺言は、紙とペンなどがあれば手軽に自分で作成できます。そのためほとんど費用がかかりません。また、作成には自分だけが関与しますので、遺言の内容を秘密にできます。

 

反面、公証人などの専門家が関与しません。その為、後で遺言が無効になってしまう恐れがあります。また、遺言書は基本的には自分で保管しますので、紛失や改ざんなどの恐れもあります。

 

他にも、全文を自筆で書かないといけないことや、裁判所での検認手続きをしなければならないなど、デメリットの方が大きいです。

 

自筆証書遺言の厳しい要件

名義変更に必要な書類

自筆証書遺言は手軽に作れますが、適当に作っては何の効力も持ちません。法律に従い作成する必要があります。

 

以下の要件を満たすことで、自筆証書遺言を作成することができます。

 

・民法968条1項

自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

 

①遺言者による全文自筆

全文手書きで作成する必要があります。パソコンなどで作成することはできません。

 

②作成日付の記載

年月のみや、「〇月吉日」などは無効になります。

 

③遺言書へ署名

署名も自筆です。本人が特定できればペンネームでも問題ありません。

 

④遺言書への押印

認印や拇印でもかまいません。

自筆証書遺言の加筆・変更

自筆証書遺言の書いた内容に加筆したり、変更したりすることもできますが、その方法は厳格に決まっています。

 

・民法968条2項

自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

 

上記の方法で行わないと加筆・変更は無効になってしまいます。遺言自体は無効にはなりません。

ややこしいので間違ってしまい、加筆・変更が無効になってしまうかもしれませんので、そのようなことがないように加筆・変更がある場合は素直に書き直すか、専門家に相談したほうがいいかもしれません。

 

遺言書作成は幕張・稲毛相続センターへ

遺言書の作成は自分で行うと無効になり遺言が実現されない可能性があります

遺言書を作成しても、無効になってしまっては元も子もありません。

 

遺言書の作成にはどうしても専門知識が必要になることがあります。そのようなときに、遺言書作成をどうしていいか分からなくなってしまった方は、専門家へ相談してみることも検討してみましょう。

 

幕張・稲毛相続センターは、千葉市幕張地区、千葉市花見川区、美浜区、稲毛区の相続手続きに特化した専門の相談所となっておりますので、相続・遺言に関するあらゆるお手続きについてご相談が可能です。

 

相続のエキスパートである司法書士・行政書士・税理士が、相続・遺言についてのお悩みをワンストップ解決いたします。もし相続についてご不安・ご心配・お悩みがあれば、ご相談は無料となっておりますので下記ご連絡先よりお気軽にお問合せください。

お電話は朝9時〜18時毎日受付(土日祝日も受付ております)

●遺言書作成に関するよくあるご質問

  • 料金はいくらくらいかかりますか?
  • 遺言書作成までの流れはどのような感じですか?
  • 遺言書の作成以外に行なっておいたほうがいいことはありますか?

 

平日はもちろん土日祝日も相談を受け付けておりますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

※日曜・祝日は050-7108-6595へお掛けください。050から始まる電話番号は日曜・祝日しかかかりません。平日・土日は0120-546-732へお掛け下さい。

お電話でのお問合せはこちら

0120-546-732

幕張・稲毛相続センター

料金について

相続や遺言の相談をしたいけど相場が全くわからない。など料金に関するご不安をお持ちの方が多いです。

幕張・稲毛相続センターの料金はこちらのページにまとめてありますのでご覧ください。

無料相談について

幕張・稲毛相続センターでは平日は忙しい会社員の方のために土日祝日も無料相談を受け付けております。

遺産分割協議書の作成や相続登記などのご相談がありましたら、相続専門の司法書士がじっくりとお話を伺います。まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

各種サービスについて

相続や遺言に関してもっと詳しく知りたい方は、PCの方は左サイドバーの相続メニューを、
スマートフォンの方は右上のメニューボタンよりご覧ください。

幕張・稲毛相続センターの情報

所在地

〒261-0023

千葉市美浜区中瀬1-3

幕張テクノガーデン内

JR海浜幕張駅から徒歩2分

電話番号
0120-546-732

※日曜・祝日は050-7108-6595へお掛けください。こちらの電話番号は日曜・祝日専用です。平日・土日は上記フリーダイヤルへお掛け下さい。

受付時間

毎日 9:00〜18:00
メールでのお問合せは24時間受け付けております。
 

営業日

平日はもちろん土曜日・日曜日・祝日も受付しております。詳しくはお電話ください。