公正証書遺言

保管料なし・手書きの必要なし!!

✔️自宅などの財産を特定の人に残したい

✔️他の相続人の関与なく遺言を実現したい

江東相続センターでは公正証書遺言作成のサポートも行なっております。

公正証書遺言 50,000円〜

公正証書遺言は公証役場で保管されるため「改ざん紛失のリスクはありません」保管料も一切かかりません。

「自宅は娘に残したい」など確実に遺言の内容を実現するのに最も適した遺言の方式となっております。

公正証書遺言のメリットデメリットなどの詳細は下に記載されてますのでそちらもご覧ください。

江東相続センターでは無料相談を受け付けております。「遺言書を残すのはまだ早いのではないか?」「遺言書を作るのにいくらかかるのか?」など遺言に関するお悩みがありましたら遠慮なくご相談ください。

無料相談

ご不明な点や相続に関してお悩みがございましたらお問い合わせよりご連絡ください。

お問い合わせ

 

遺言の方式

民法という法律は遺言書の方式を厳格に定めています。

・民法960条

遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、することができない。

つまり、遺言は民法のルールに則って作成しないと、無効になってしまうのです。例えば、自分の声を録音して遺言を残しても無効です。

自分が死んだ後の話ですから、遺言が無効になってしまいました。では、もう取返しがつきません。

苦労して遺言書を作成しても結果的に遺言の効力が無効になってしまい、挙句の果てに相続トラブルに発展してしまうといったことにもなりかねません。

そうならない為にも、遺言書の方式を理解しておくようにしておきましょう。

遺言書の方式は、以下の3種類が一般的です。

  • 公正証書遺言
  • 自筆証書遺言
  • 秘密証書遺言

今回は、この中の公正証書遺言についてご紹介します。

公正証書遺言

メリット・デメリット

公正証書遺言が遺言の方式の中で最も確実性が高く、おススメの方法です。なぜかというと、公証人が遺言書の作成に関与するからです。

 

公証人というのは元裁判官や元検察官といった方々です。つまり、法律の専門家です。

パソコンで作成してもOKです。全文書かなくても、公証人に遺言を残したい内容を伝えれば作成してくれます。

その為、遺言書があとで無効になってしまったなどということは無く、正確に確実に遺言書を残すことができます。

また、作成された遺言は公証役場に保存されるので、遺言書の改ざんや紛失などといった心配もありません。その他にも裁判所による検認は不要といったメリットもあります。

デメリットは費用がかかることと、作成するためには公証人のほかに証人2人も作成に関与してきますので、秘密性は薄れてしまいます。

しかし、デメリットに比べてメリットの方が遥かに大きく、検討する価値は十分にあります。

 

公正証書遺言の要件

以下の要件を満たすことで、公正証書遺言を作成することができます。

・民法969条

公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。

一 証人二人以上の立会いがあること。

二 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。

三 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。

四 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。

五 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

 

公正証書遺言の証人

公正証書遺言を作成するためには、証人が2人以上必要です。その為に、証人を探さないといけません。

しかし、以下の者は証人になることができないと民法に定められいます。

・民法974条

次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができない。

一 未成年者

二 推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族

三 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

これらの者が証人として立ち会ってしまうと、原則遺言が無効になってしまいますので、十分に注意してください。

さて、証人は重要人物です。なぜなら証人は遺言の内容を知ってしまいます。信頼する者を探さないといけません。

その点、専門家(司法書士や行政書士など)であれば守秘義務がありますので、安心して証人を任せることができます。証人選びにお困りの際は、専門家へ相談することも検討していきましょう。

 

遺言・相続の相談は江東相続センターへ

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~18:00(月曜〜土曜)事前予約により夜間休日対応

☎️ 0120-546-732(月〜土 9:00〜18:00 )

遺言書を作成しても、無効になってしまっては元も子もありません。

遺言書の作成にはどうしても専門知識が必要になることがあります。そのようなときに、遺言書作成をどうしていいか分からなくなってしまった方は、専門家へ相談してみることも検討してみましょう。

江東相続センターは江東区、江戸川区の相続手続きに特化した専門の相談所となっておりますので、相続・遺言に関するあらゆるお手続きについてご相談が可能です。

相続のエキスパートである司法書士・行政書士・税理士が、相続・遺言についてのお悩みをワンストップ解決いたします。

もし相続についてご不安・ご心配・お悩みがあれば、ご相談は無料となっておりますので下記ご連絡先よりお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました