熟慮期間が過ぎた相続放棄

亡くなった方に借金などのマイナス財産が多ければ、何もしてないと相続してしまうので、相続放棄手続きなどの方法をとっていきます。

相続放棄には「3カ月」という熟慮期間というものがあります。

つまり、相続放棄をするならこの期間内にしなければならないということです。これは民法という法律にハッキリと書かれています。

・民法915条1項

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。

ですが、相続手続きに慣れていない方がほとんどだと思われますので、この期間期限は決して余裕のあるものではありません。実際にこの3カ月以内に相続放棄をすることができない人が多くいるのです。

「3カ月過ぎた場合はどうなるの?」「もう相続放棄はできなくなるの?」

という疑問があるかと思います。3カ月を過ぎてしまった場合・過ぎそうになってしまった場合に何ができるのか、それを今回説明していきます。

 

3カ月過ぎそうになってしまった場合

相続放棄期間の伸長

・民法915条1項但書

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

相続放棄が3カ月以内に間に合いそうにない場合は、このように熟慮期間の伸長をすることができます。具体的にはこれも被相続人の最後の住所地の家庭裁判所へ申請していきます。

申立人となれるのは、相続人・利害関係人・検察官となります。

 

必要書類

申立の際に必要な基本的書類は、下記のとおりです。

  • 相続放棄期間の伸長の申立書
  • 亡くなった方の住民票除票又は戸籍附票
  • 伸長を求める相続人の戸籍謄本
  • 利害関係人申立ての場合は利害関係を証する資料(戸籍謄本など)

また、費用は相続人1人につき収入印紙800円分と郵便切手代金となります。

 

3カ月過ぎてしまった場合

特別な事情がある場合

もし、上記の期間伸長手続きも行わずに3カ月過ぎてしまった場合は相続放棄をすることが非常に難しくなってきます。

でありますから、基本的に3カ月以内に相続放棄手続きの完了を目指していくということに変わりはありません。

しかし、特別な事情がある場合には認められる場合もなくはないです。例えば、借金の存在を全く知らず、後になって多額の負債が判明したような場合です。このような場合には、相続放棄が認められる傾向にあります。

しかし、これはあくまでも例外になります。借金があることを知らなかったことに過失があったような場合では相続放棄が認められない恐れもありますので、必ず認められるということではありません。

ですから、やはりまずは3カ月以内に相続放棄をしていくことが基本であり、間に合わなそうであれば伸長手続きを取っていくことに変わりはありません。

しかし、3カ月を過ぎてしまっても相続放棄が認められる可能性はありますので、もし過ぎてしまっても諦めずに専門家に相談することも検討しましょう。

遺言・相続の相談は江東相続センターへ

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~18:00(月曜〜土曜)事前予約により夜間休日対応

☎️ 0120-546-732(月〜土 9:00〜18:00 )

このように、相続放棄はとにかく3カ月という期間制限を意識しながら手続きを進めていきます。

まずは、3カ月以内に相続放棄をするということを目指していきましょう。

相続放棄手続きについて、なにからしていいか分からない・途中でどうしていいか分からなくなってしまった・3カ月以内に相続放棄ができるか不安だ。という方は、専門家へ相談してみることも検討してみましょう。

江東相続センターは、江東区・江戸川区の相続手続きに特化した専門の相談所となっておりますので、相続・遺言に関するあらゆるお手続きについてご相談が可能です。

相続のエキスパートである司法書士・行政書士・税理士が、相続・遺言についてのお悩みをワンストップ解決いたします。

もし相続についてご不安・ご心配・お悩みがあれば、ご相談は無料となっておりますので下記ご連絡先よりお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました