相続財産の調査・評価業務を代行します

HOME > 相続財産の調査・評価業務を代行します

相続財産の調査・評価業務について

相続財産の調査について

被相続人(亡くなられた方)の財産を相続財産と言います。相続財産には現金・預貯金・株券・不動産などのプラスの財産から、借金や住宅ローンのマイナスの財産まで含まれます。なかには会社(法人)や借家人としてそのまま家を借りることができる権利など、一見するだけでは分かりにくいものも。そこで行われるのが相続財産の調査です。この調査を行うことで、相続できる財産とできない財産とを明確化することができます。

相続可能な財産

プラスの財産  

マイナスの財産

 

判断が難しい財産

不動産

動産

現金

預貯金

株式

債権

生命保険金

死亡退職金

etc・・・

 

借金

住宅ローン

etc・・・

 

会社経営者としての立場

身元保証者としての立場

連帯保証者としての立場

借家人としての立場

借地人としての立場

etc・・・

相続財産の評価について

不動産や株式などを含む全ての財産を現金に換算して評価していきますが、評価方法は非常に複雑です。例えば不動産1つをとっても、「土地のみを貸している」「土地の上に賃貸物件を建てて貸している」「土地を居住用に利用している」などの活用法の違いでそれぞれ評価額が異なるなど、その作業は非常に困難です。全ての財産を1つひとつキチンと評価するのは、一般の方には難しいでしょう。

行政書士事務所の相続財産の調査・評価代行サービスを

そこでお勧めするのが、行政書士事務所が行っている相続財産の調査・評価代行サービスです。一般の方では難しい相続財産の調査・評価も、プロである行政書士に任せればとてもスピーディー。以下の必要書類を揃えておくだけで、煩雑な作業から解放されます。

被相続人(亡くなられた方)の氏名・住所・本籍
相続人の氏名・住所・本籍
相続財産リスト
相続人全員の印鑑証明書を5~6通

※上記の必要書類は揃えられる範囲で構いません。

このページのTOPへ