船橋市・八千代市・習志野市の相続手続き、遺産分割協議書作成、不動産名義変更(相続登記)のことなら船橋相続センターへお任せください!

 格安遺産相続・格安遺言書作成・格安相続登記(不動産名義変更)

船橋・八千代・習志野の相続専門相談所です。

〒273-0011 船橋市本町7-11-5 KDX船橋

船橋相続センターではホームページを見てお問い合わせ

くださった全ての方のご相談に親身に向き合い、分かりやすく

丁寧なご説明を心掛けます。ご相談は完全予約制ですので、

お越しになられる場合はお手数ですが必ずご予約ください

受付時間

9:00~18:00

土日祝日夜間の面談対応可(事前予約により夜間休日対応)

司法書士・行政書士・税理士がサポートするから安全・安心

面談は相続専門の司法書士・行政書士が行うから安心!

0120-546-732

遺言書の探索

相続が開始されて1番初めにすることが、この遺言書の有無の確認になります。

亡くなった方が遺言書を残していないかどうかをくまなくチェックしましょう。遺言書は相続手続きをする上で非常に重要なものになります。

あるのとないのとでは、その後の手続きが変わってくることがあるからです。

亡くなった方が、ご自宅にメモなど残しているかもしれません。また、公証役場を利用して公正遺言書を残しているかもしれません。そんな時は、公証役場で遺言書検索をかけることもできます。しらみつぶしに探して行きましょう。

遺言書の種類

遺言書の方式は3種類あります。

まずは、簡単に遺言書の方式についてご紹介します。

 

自筆証書遺言

遺言書と聞いて、一般的に大半の方がイメージする方式が、この自筆証書遺言です。

ご自分で遺言書を作成することです。まさに自筆で遺言書を作成します。

専門家が介入せず、自分だけで遺言書を作成できるので、簡単に作成でき、費用もほとんどかからないと言ってよいでしょう。また、遺言書の中身を秘密にできるという利点もある反面、紛失・偽造の恐れもある遺言書方式です。

公正証書遺言

現在、最も使用されている方式です。

こちらは公証役場にいる公証人という専門家が遺言書作成に介入します。

専門家が作成に関与することで法律的に問題のない確実な遺言書を作成できます。

反面、費用がかかってきてしまいます。また、遺言書の内容が秘密にできないと言ったこともデメリットとして挙げられます。

秘密証書遺言

あまり使われてはいませんが、上記の2種類の遺言の中間に位置するようなイメージの遺言方式です。遺言書の内容を秘密にしつつ、遺言書の存在を公証人に明らかにしてもらうことができます。

遺言書の探索方法

公正証書遺言・秘密証書遺言

これらの遺言書は、公証役場の公証人が遺言書の作成に関わっていることがポイントです。

公正証書遺言であれば、公証役場で遺言書を保管してありますので、公証役場に検索をかけることができます。これはどこの公証役場で検索をかけてもOKです。ただし、問い合わせすることができるのは相続人かその代理人のみですので注意しましょう。また、問い合わせる際は、相続人もしくはその代理人であることを証明する書類が必要になります。

最寄りの公証役場に問い合わせれば、比較的簡単に遺言書の有無を調べることができます。

 

一方秘密証書遺言の場合は、こちらも公証役場で公証人が関与しておりますので、公証役場に問い合わせれば、遺言書の有無は判明します。

しかし、公正証書遺言と違い内容が秘密とされておりますので、遺言書があるということしかわかりません。内容を知る為には後述する自筆証書遺言と同じように探して行く必要があります。

遺言書の探索方法

自筆証書遺言

自筆証書遺言は公証役場の公証人が遺言書作成に関与していないことが大きなポイントです。

つまり、公証役場に検索をかけるという便利なことができません。公正証書みたいに、役場が遺言書を保管しておりません。秘密証書遺言みたいに、存在の有無すら公証役場では確認ができないのです。

そもそも遺言書があるのか、ないのか、からスタートです。根気強く、地道に探していくしかありません。主に亡くなった方の自宅などを探索していくことになります。生前に大切なものをしまっておくような場所があれば手掛かりにはなるでしょう。亡くなった方の交友関係や郵便物なども手掛かりになるかもしれません。

しかし、そういった手掛かりが無ければ探しようがない場合もあるかもしれません。遺品整理時に見つかることもありますので慎重に探してみてください。

もし遺言書が見つからなければ、無いものとして相続手続きを進めていくことになります。

相続についてのお悩みは船橋相続センターへご相談ください!

自筆証書遺言・秘密証書遺言を見つけた場合は、遺言書を開封しないでください。開封してしまうと、後で処罰の対象となる場合があるからです。また、あらぬ疑いをかけられてトラブルの元になることもあります。十分注意するようにしてください。

【民法1005条】過料

前条の規定により遺言書を提出することを怠り,その検認を経ないで遺言を執行し,又は家庭裁判所外においてその開封をした者は,五万円以下の過料に処する.

 

遺言書を見つけてどうしていいか分からないといった方は、専門家へ相談してみることも検討してみましょう。

 

船橋相続センターは、船橋・習志野・八千代市の相続手続きに特化した専門の相談所となっておりますので、相続・遺言に関するあらゆるお手続きについてご相談が可能です。

相続のエキスパートである提携先の司法書士・行政書士・税理士が、相続・遺言についてのお悩みをワンストップ解決いたします。

もし相続についてご不安・ご心配・お悩みがあれば、ご相談は無料となっておりますので下記ご連絡先よりお気軽にお問合せください。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

0120-546-732

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~18:00
土日祝日夜間の面談対応可(事前予約により夜間休日対応)

サポート対応可能エリア

船橋市市川市八千代市習志野市千葉市中央区稲毛区花見区美浜区

その他首都圏(東京都・埼玉県・神奈川県)も対応可能